レディー

40代からは基礎化粧品の出番でしょう|頼れる味方です

話題の化粧の仕方

メイクアップ

エアブラシとは、化粧品をミスト状に吹き付けて使うメイク用品です。むらなく仕上げることが出来、肌の吸着率も良く保湿力を高めることも出来ます。何度か練習し、加減を調整してから肌に吹き付けるのが、奇麗に仕上げるコツです。

詳細

肌トラブルを予防改善する

基礎化粧品

敏感肌の原因は様々あり、食事や生活習慣などを改善する事が必用です。肌のターンオーバーを促進する事が必用であり、ビタミンAやタンパク質で体内から改善する事が出来ます。セラミドやコラーゲンの含まれた化粧水やクリームを使用する事で、肌を保湿して敏感肌を解消する事が出来ます。

詳細

潤い補給が肌づくりのカギ

頬を触る女性

大人の肌に必要な成分

40代でも毎日のベーシックケアは美肌をつくるために必要で、ソルフェージュが評価されています。基礎化粧品では、ローション・ミルク・クリームの3アイテムが展開されており、40代で減少する肌の潤い補給に使用されています。毎日使うものだからこそ、納得できる基礎化粧品選びもポイントで、それぞれのアイテムにプラセンタや甘草誘導体などの薬用成分を配合させ、コエンザイムQ10など、多彩な美肌サポート成分もプラスさせた化粧品は年代に合っているために人気を高めています。大人肌に不足する美容成分を補い、薬用成分で健やかな皮膚の保護に努め、重ねることでしっかりした基礎を築くことができると評判です。肌のコンディションを意識すると、ルーティーンになりがちなベーシックケアにも自然とメリハリが生まれることからも評価されています。

潤いの目安

40代の肌は絶えず変化し、今まで見落としていたシミやシワは毎日の基礎化粧品によるケア不足が要因でもあるため、適切なケアで正しい状態に導く調整力が理想の肌をキープするために欠かせない能力となっています。基礎化粧品の1つであるローションによるケアも、潤いを手のひらで確認することがポイントです。40代向けとなるのはスクワランやローヤルゼリーなどのリッチな使い心地も同時に得られる保湿成分で、肌に潤いが浸透し、しっとり柔らかく感じるまで重ねづけを行います。その際、手のひらを肌に密着させ、ピタッと肌が吸い付くことに着目することがポイントで、潤い補給の完了サインになります。潤い不足を感じる場合、肌が満たされるまでローションを足して手のひらで確認し、潤いを送り込むことで毎日異なる肌の調整が行えます。

肌を活性化させる洗顔とは

せっけん

洗顔フォームは合成界面活性剤が使われており汚れだけでなく保湿成分も剥ぎ取ってしまいます。にきびの改善には固形石鹸が最適です。中でも純石鹸と呼ばれるアルカリ性のものは肌を活性化させます。洗顔は最初にぬるま湯で水洗いをすると毛穴が開きます。

詳細